植木美帆

植木美帆・チェリスト

兵庫県出身。大阪音楽大学音楽学部卒業。同大学教育助手を経てドイツ・ミュンヘンに留学。巨匠K.シュトゥルク氏のもと研鑽を積む。ドイツ音楽の神髄と、その伝統奏法を徹底的に学ぶ。そして帰国後の2008年、日本に招き共演を果たす。この師との出会いが人生に大きな影響を与える。

ヨーロッパ各地にてマスタークラス修了。イタリア・クープラ音楽祭、ハンガリー・ブダペストでのチャリティーコンサートに出演。

韓国・光州にて、神戸市との文化交流推進において「神戸ビエンナーレ」を代表し演奏を披露。

2012年、2014年、東京・兵庫にてピアニスト山口亜弥子氏と「duo」リサイタルを開催。
「クラシックをより身近に!」との思いで、自らの言葉で語りかけるコンサートは多くの反響を呼んでいる。

伝統を継承すべく、大阪音楽大学付属音楽院講師として後進の育成に力を注ぐ。
個々にあった自然なフォームを提案し、チェロ本来の「音色」を導く独自のメソッドには定評がある。
また、従来の音楽教育の弱点に注目し研究を重ねた「子供のためのプログラム」は10年の実績がある。

現在、関西で暮らす・働く女性が発信するライフスタイルコミュニティ「関西ウーマン」 http://www.kansai-woman.net/ にて、コラム「心に響く本」を連載中。

音楽を発信、追究し音楽が人を育てる力を探求。
『人間力』の育成を目指す。

大阪音楽大学付属音楽院登録講師。
大阪日独協会、兵庫・神戸CSの会、神戸音楽家協会、尼崎芸術文化協会、各会員。